PARK TOOL WAG-4

0
     
    楽しい楽しいお買い物♫
    どーんとでかい箱で届きました。
    じゃーん!アーチェリーPARK TOOL WAG-4です!
    アマゾンで39%offの5.980円でした。
    用途はホイールのセンターを見るだけの物ですが、先日自分で組んだホイールのセンターも心配。。
    39%OFFなら、、エイやっ!と購入。
    使い方は簡単、リム部分とハブ軸の3点でバランスを見るだけ。
    まずリムに樹脂部分を当てセンターの金具を動かして高さセット。
    で、反対側にあてがってみます。
    これで3点ピタっと合えばセンターですな、ちなみに前輪はドンピシャでセンターOK☆
    後輪も。
    ピタっと、ドンズバ☆
    うっへっへ、サスガオーレが飲みたくなりました(笑)

    これ、リムに当たる樹脂部分がスライド出来るので小径対応です。
    って事で、ポケロケホイールも。
    まず前輪。
    ピタっとOK☆
    続いて後輪。
    ん???
    なんだかカタカタ。。。
    ありゃ、、、
    反フリー側へずれてるやん。。。
    コレ店で組んでもらったホイールですが、私が以前振れとりでいじったのでズレちゃったんですな。
    直しておかなくては。
    フレーム振れとり台で(笑)

    振れとり台欲しいなぁ。。。

    チェーン伸びチェック

    0
       最近TIME号のチェーンがキュキュ鳴る事が多くなったので
      おかしいなぁ?オイルは差してるねんけど、、と思っておりました。
      つい先日も、ペットボトルでシェイカーしたんですけどねぇ。。
      5.494kmそろそろかな?と思い
      ほい、チェーンチェッカーです。
      0.75と1.00の刻印がありますね、使い方は簡単チェーンに差し込むだけ。
      チェーンの0.75%と1.00%の伸び率をチェックできます。
      一般的に1%伸びで交換です。
      では、いざ!
      0.75からチェック!!
      、、、スポっと。
      ま、こんなもんでしょう。
      1%はまだ大丈夫やろうと思ってましたが
      、、スポっと。。

      交換ですな。。。

      ポケロケタイヤローテーション

      0
         覚え書き
        9009kmーーーF、Rタイヤローテーション

        マッドガードの先端部をカットする

        0
          今日はポーンと仕事が空きました。。
          外は雨模様だったので(今は上がりましたが)以前より考えてた事をしました。
           
          先日買いました「旅する自転車の作りかた」を参考に、ちと自転車いじりです。
          私のペガサスにはグランボアさんオリジナルの「GB650ML Hammered」を付けてます。
          先端は円くカットされていています。
          ここを本を参考にしてカットをします。
          まず型を作って。
          あてがってみます。
          ん、いいでしょう。
          おらっ!と金切りばさみでカット。
          アルミなのでR部分だけ注意すれば簡単に切れました。
          すんません、完成です(笑)
          カット後はヤスリ&コンパンウンドで手が真っ黒で。。。
          ガードの外しやすい前側から作業しました。
          うむ。
          いいんでないかい、柔らかい雰囲気になりました。
          ちょっとした所ですがオリジナルな所が増えると愛着も増します。
          切った後に磨くのが結構大変です。。リア側は又後日。

          バーテープとワイヤー交換

          0
            さー、ブルベまであと2ヶ月を切りました。 
            普段から整備はきちんとしてるつもりですが、200kmという距離を時間制限内に走りますし
            途中のトラブルの要因はなるべく無くしておきたいので、念には念を入れワイヤー類を総取っ替えしておきます。
            昨年のプチブルベの時に交換したOGKの物です。
            クッションは有りませんがスベらないので余計な力を入れてハンドルを握る事がなく疲れにくいです。
            いいバーテープだと思います、少々汚れやすいですが。。
            クルクルと古いバーテープを外して。
            両面テープが残るんですよね、、以前はキレイにしてから新しいテープを巻いてましたが
            最近はそのまま、、どーせ見えへんし。。。
            さて、今回はアウターもついでに交換しました。
            あっ、少しサビてる。。
            はい、新しいアウターを長さ計ってルーターでウィーーーンと。
            断面のツラが出てるとブレーキタッチは良くなると思います。
            今回のバーテープチョイスはOGKのコットンタイプ。
            長距離を考えて少し厚みがありクッション性があるのを選びました。
            バーエンドはVIVAのコットンバーテープに付いてくるプラの物。
            なんだかチープな感じがお気に入りです。
            はい!ピッカピカ〜。
            包帯巻いたみたい(笑)これも汚れそうやなぁ。。

            ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
            覚え書き
            走行距離 7960km(ワイヤー一式交換)



            451へ

            0
               先日、私の貧脚に悲鳴をあげたNISIのリムが割れてしまいました。
              22インチチューブラーリムと非常に珍品で手元にストックもなく、、
              アンテナを張って探してみるつもりですが、、すぐに見つかるとは思えないので
              ポケロケ購入時の451リムに戻します。
              急ぎ足で作業したので写真が少ないのはご了承くださいませ。。

              リムはアレックスR390でブラックです、タイヤは451の時に買ってストックしてました
              KENDA kontender hp 20×1 110psiを使います。
              えー幅が1インチって事で専用のチューブがいるのですが、、、
              大金庫を探しても見つからず。。。
              出てきたのが
              はい、IRC20×1 1/8チューブと
              KENDA 20×1 1/8の二種類。。
              どちらも2本づつ有りました、なんという整理の悪さ。。。
              しょうがないので、1/8くらい大丈夫だろうと能天気に考える事にします。
              どっちを使うかなと見ていると太さが!?違う??
              IRCーーー25mm
              KENDAーーー29mm
              んだこりゃ。。。いい加減なもんですな。
              とりあえず細い方のIRCを使いますか。
              はい、装着。
              左ーーーKENDA
              右ーーーヴィットリア
              KENDAのが少し細い、23mmです。少しだけ走ってますがほぼ新品です。
              んで、22インチでタイヤ径大きくなってた分ブレーキも手を入れてました
              これを戻して、シューも減っていたのでリニューアル。
              どーんとSWISS STOPのグリーンです、モデルチェンジしたのか?前よりも深い緑色。
              Flash Proとあります、ポケロケもプロ(笑)もうプロだらけ(笑)
              ビフォー
              アフター
              はい、フロントフェンダーもステー長調整してピッタリ。
              リム、タイヤ交換で雰囲気変わったのわかるでしょうか?
              私、やはりオーナーなのですいぶん変わったな〜、と感じます。
              タイヤ径もわずかな違いですが実物を見ると小さく感じますし、黒色が増えたため現代的な感じにも見えます。
              やっぱり私の好みの感じはNISIのリム&ヴィットリアのタイヤがいいですね、、、
              ポリッシュのリム?泥よけを本所??などアイデアはありますが、又しばらくして考えたいと思います。
              乗り心地の変化、ブレーキの効き具合などはもう少し乗り込んでからですね。

              覚え書き
              ポケロケーーー7259kmよりリム、タイヤ(KENDA kontender)交換


              DURA-ACE SM-BB7900 BB 異音検証

              0
                 先日交換しましたBBの異音解明の為バラししてみました。
                BB本体には難しい英語で「バラさないでね♡」と書いてます。
                パーツ保管用大金庫からBBを取り出すと何かが住み着いてました。
                BBを付け外しをした際の工具(TL-FC32)の傷が。。。
                ちと強引ですが精密ドライバーを樹脂パーツのフタ?の隙間に突っ込んで
                グリっと持ち上げると意外にあっさり浮いて外れます。
                フタ?を外すとベアリングのダストシール?が見えます。
                グリスと小砂利でグズグズに汚れてます。
                ダストシールもドライバーでコジって外すとベアリングとご対面。
                ベアリングは圧入されてるので外れませんでした。
                グリスは残ってましたし、手で触った程度ではまったくガタもゴリゴリ感もないので、ここまで分解して掃除、グリスアップをしてやると
                異音は解消出来たかもしれませんね、良い経験になりました。


                DURA-ACE SM-BB7900 BB交換

                0
                  ポケロケのBBをウエムラサイクルで買ってきましたBB(SM-BB7900)に交換します。
                  今ポケロケに付いてるBBも同じ物(SM-BB7900)です。
                  7900DURAのBBは値段も安くなり買いやすいのですが、7.000kmちょいで力を入れて漕ぐと異音が鳴る様になっちゃいました。。。これってチト早くないですか???
                  別メーカーのBBも考えたのですが、、信頼のブランド、シマノ。信じますよ。。
                  交換していきます。
                  左クランクを固定してるネジを緩めます。
                  クランクの表、裏の二カ所です。
                  はい、普通のネジの回転方向です。
                  緩めるときは片側づつ一気に緩めてもいいと思いますが、固定する時にはちと注意が必要です。また後ほど書きます。
                  次、クランクキャップを外します。
                  専用パーツ(TL-FC16)TLです、ポコポコのでっぱりをはめ込んで
                  ぎゅっと回します。
                  こんな事だけの為に専用パーツ。。。
                  クランクキャップを外したらクランク抜け防止のツメ(画像矢印部分)を細い物でパチンと上げて。
                  クランクを持ってグリグリしてやるとすぽんと抜けます。
                  固着してたら画像のように木ハンマーでコンコンと、強く叩くのは厳禁ですよ!かるーくコンコンと。
                  右クランクも真っすぐ横にひっぱるとスポンと抜けます。
                  固かったらコンコンとかるーーーく。
                  クランクが抜けるとBBを外します。
                  またも専用工具(TL-FC32)です。わたし、この工具が苦手です。
                  固定しにくいし丁寧に作業してもBBに工具のツメの傷跡が付くし、、、。
                  えー、画像は車体左側のBBです。正ネジなので画像矢印方向で緩みます、固ければコンコン。
                  車体右側。
                  JISネジなので逆ネジ、画像矢印方向の時計回転で緩みます。
                  BBはJISとイタリアンの2種類のネジがあってイタリアンはここが正ネジになります。
                  BB交換の際はご注意下さい。
                  新しいBBを組んでいきます。
                  隣国の優秀な軍師様が「念には念を、、」と言ってたのを小耳にはさんだので(笑)たっぷりグリス。
                  ブニュっとはみ出してます。
                  クランクを差し込みます。
                  ここにもグリス。
                  左クランク接合部分にも、もちろんグリス。
                  クランク側にも塗っておきました。
                  左クランクの固定ですが、まずクランクキャップを付けます。
                  先ほどの専用工具(TL-FC16)でぎゅっと。0.7〜1.5N・mと工具に書いてますが、どれくらいか判りません。。
                  ただ、これがちゃんと締まってないとクランクがBBに対して左右の隙間が空くのでガタガタします。
                  逆に締め過ぎるとBBが圧迫されて回転が渋くなりそうです。
                  クランク抜け防止のツメをパチっといれて、クランクを固定していきます。
                  ここでの固定ですが片側を完全に絞めきってから、反対側を締めるのでなく
                  片側づつ、交互に締め込んでいって下さい。
                  理由は、、、たしか取り説にそう書いてました(笑)
                  今回仕様工具
                  ①ーーー木ハンマー(なくてもいいですが、あると便利です)
                  ②ーーーTL-FC32(BBを着脱する)
                  ③ーーーTL-FC16(クランクキャップを着脱する)
                  ④ーーー5mmアーレンキー(左クランクの着脱)

                  交換後異音は解消です、ヨッシャ〜サッパリ〜(笑)








                  スプロケット取り付け

                  0
                     
                    ペガサス大改修の続きでスプロケいきます。
                    今回のチョイスは「CS-HG50-9S 13-25t」ティアグラ君です。
                    クランクのチェーンリング歯数が46-36-26tなのでロー側は坂の時には非常に心強い(笑)ギア比です。
                    さて、取り付けですが非常に簡単。
                    溝の凹凸に細い部分と広い部分が隣あってるのでギアの裏表も間違う事はありません。
                    トップギアまできちんと溝にはめ込んでから自転車用工具「TL-LR15」とモンキーレンチでグググっと締め込みます。
                    ちなみに、スプロケットを外す時はフリーが供回りするのでもうひとつ工具が必要です。
                    写真の赤い柄の工具です、こちらはロー側のギアに引っ掛けます。
                    私は  無メーカーのウルトラ安い工具  コストパフォーマンスに優れた優秀な工具を使ってますが、たまに自作されてる方もいらっしゃいますね。
                    写真の矢印方向にグリっと力を入れ(タイヤの向こう側に立って、両手に一つずつ工具を持ち下に向かって(矢印方向に)体重をかける)ます。

                    はい、今回使用した工具。
                    ①ーーーモンキーレンチとTL-LR15(スプロケットをハブに組む)
                    ②ーーーコストパフォーマンスに優れた優秀なフリー回転止める君(スプロケットをハブから外す)

                    R側スプロケットは8.9.10速と同じハブで流用可能です。
                    シフターとスプロケットの変更で簡単に10速化も可能(ただし、チェーンやF側との互換性、スプロケの歯数によるRディレイラーのギアの許容範囲も調べないといけませんが)です。
                    結構簡単に交換は出来るので自分の走行にあったスプロケットを選ぶと走りも楽しくラクになりますよ。



                    クランク&BB 組み付け

                    0
                      まず、BBをフレームに組み付けます。
                      使用するBBは先日パーツのカテゴリーで記事にした「BB-UN54」です。
                      一応、写真に左右記載しましたが右側ネジは逆ネジなので間違う事はないでしょう。

                      BBの右側からフレームに組み付けます。
                      ネジ部分に固着防止としてグリスを塗っておきます。
                      まずは、手でクルクルとねじ込みます。
                      ここでも自転車用工具がひつようです「TL-UN74」です。
                      手で締め込んだらモンキーレンチでググッッと締め込みます。
                      写真ではわかりやすい様に手で押さえてませんが、ポロっとずれて外れるので手で「TL-UN74」
                      を押さえながら締め込みます。
                      モンキーレンチは多少大きめが必要ですね、私の使用したモンキーは0〜35mmサイズまで広がります。
                      つぎ、左側のワンです。
                      こちらも固着防止にグリスを塗ります。
                      手で締めた後、右側と同じ要領でグググっと締め込みます。
                      はい、付きました。
                      カートリッジタイプなので玉押し調節など無いので楽なもんですな。
                      つぎ、BBにクランクを付けますが忘れずにグリスを。
                      クランクを止めるフキシングボルトにもグリス。
                      で、グググっと。
                      フィキシングボルトのサイズは8mmのヘキサレンチです。
                      締め込み力加減が微妙な所ですね、あんまり締めすぎるとネジがバカになるし、クランクも
                      抜けなくなります。締め込み甘いとグラつきますし。
                      程々に締め込みます(笑)
                      右側も同様に。
                      お〜XTR様です(笑)
                      最後に、ペダル。
                      こちらもグリスを塗っておきます。
                      はい、今回使用工具です
                      ①ーーーモンキーレンチとTL-UN74(BBをフレームに組む)
                      ②ーーー8mmヘキサレンチ(フィキシングボルトでクランクをBBに組む)
                      ③ーーー15mmスパナ(ペダルをクランクに組む)
                      以上です〜。

                      ふ〜。。。

                      | 1/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM