スクエアテーパー クランク&BB 外す

0
    先日からパーツ集めをしてましたペガサスのパーツが揃いました。
    記事にしてないパーツは後日詳細を記事にするつもりです。
    作業はズバッと終わらせるのですが、折角の一からの作業なので順序を追って記事にしていきます。
    もし、この様な作業をした事の無い方が見てくれてて少しでも参考になれば本望です。
    では、始めましょ〜。
    まず、ペダルを外します。
    スパナの15mmサイズが必要です。
    左側ペダルですが逆ネジなので上記写真の矢印方向(時計回転)に回転で外れます。
    次、右ペダル。
    こちらは正ネジなので矢印方向(時計逆回転)でペダルが外れます。
    次、クランクフィキシングボルトキャップ。
    10円玉で外してますが何でも良いと思います(笑)
    これもネジですね。矢印方向(時計逆回転)で外します。
    外すと、クランクフィキシングボルトが見えます。
    ラチェットレンチで外します。
    ボルトのサイズは14mmなので、14mmのソケットが要ります。
    ネジは正ネジなので画像矢印方向(時計逆回転)で外します。
    同様に、右側クランクもキャップ、ボルトを外します。
    次、クランクをBBから抜くのですが
    ここで自転車専用工具が必要です、これは「シマノ TL-FC10 コッタレス抜き」です。
    使い方ですが、画像矢印部分のネジを回して広げておきます。
    んで、コッタレス抜きのネジ部分をクランクにねじ込む。
    手でしっかり回し込みます。
    つぎ、コッタレス抜きの広げていたネジをねじ込みます。
    手で回らなくなるとモンキーレンチで更にねじ込みます。
    左手でクランク、右手でモンキーレンチを矢印方向に回転です。
    初めは固いですがグっと回すと急にコロンと軽くなりますので気を付けて下さい。
    抜けました。
    右側クランクも同様に外します。
    次はBBを外しましょう。
    まず、BB左側から。
    工具はBBBのマルチフック「BBB BTL-24」でロックリングを外します。
    矢印方向(時計逆回転)で外れます。
    次、BBカップを外します。
    パークツールの「SPA-1」で矢印方向(時計逆回転)で外します。
    これを外すと、軸とベアリングが抜けます。
    次、右側カップを外します、、、
    が、カップのレンチをかます様にフラットになった所の幅が36mmもあります。
    私こんなに広いレンチは持っておりません。。。
    が、ガッチリ掴む君で(笑)グイっと外します。
    こちら側は逆ネジで矢印方向(時計回転)で外れます。
    ん〜チト荒っぽいですね、36mmのレンチをご準備下さい。
    ハイ!!
    以上でバラし完了です!
    フレームの中にダイナモからフェンダーライトへ繋がるコードが見えますね。
    滅多に開ける事は無いと思うのでキレイに掃除をしてから組みましょう。
    今回、使用した工具達です。
    ①ーーー15mmのスパナ (ペダルを外す)
    ②ーーー14mmのソケットとラチェットレンチ (クランクフィキシングボルトを外す)
    ③ーーーTL-FC10とモンキーレンチ (クランクをBBから抜く)
    ④ーーーBBB BTL-24 (BBロックリングを外す)
    ⑤ーーーPark Tool SPA-1 (BB左カップを外す)
    ⑥ーーーがっちり掴むクン (BB右カップを外す)
    工具のチョイスは個人差があると思いますので一概に言えませんが
    以上の工具があれば、この作業は出来ます。

    フー、、、けっこうメンドクサイな(笑)




    又してもパンク検証

    0
       
      夕べのパンク検証です
      まーそれは見事にパックリ。。
      このタイヤはケーシングに焼もなく比較的新しそうなタイヤでした。
      、、、が、この通りです。
      は〜ぁ。。
      トレッドの残り。
      真ん中が裂けるには早いと思うのですが。
      チューブもこれ又、見事に裂けてます。
      なんだか裂け目も怒ってるように見えます(笑)

      ん〜、、考えたのですが空気圧が高すぎるのでしょうか?
      パナゲージで管理をしてるのですが狂ってるのか、、空気入れとは数値が違うので一度検証の必要があるかもしれません。
      判明するまで少し圧を下げてみようと思います。
      チーン。

      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
      覚え書き
      Rタイヤ  10/6/7 5.549km〜10/9/17 6336.5km (787.5km使用)
                   10/9/17 6336.5kmからNEWタイヤ使用。



      パンク検証

      0
         
        今朝のパンク箇所を一応バラシてみます。
        ケーシングが完全に破れてしまってます、このタイヤは新品状態からケーシングのスキン部分が
        焼けた色になってて少々長期在庫品の感じはあったタイヤでした。
        多少劣化はあったのかもしれません。
        しかし、空気圧ってヤツは凄い力ですね。ケーシングを手で引っ張ってもピリとも裂けていきませんし
        破裂音もかなり大きな音で通行人の方もビクッっと振り返りました。
        トレッドの残り。
        まだまだ行けた感じです、うーん無念。。
        チューブです。
        も、まったく何が理由でのパンクかわかりません(笑)
        破裂の勢いで八方に裂けてます。

        あー、なんと諦めがつく最後でしょう。。
        事務所に置いてるペガサスのベルを鳴らしました。
        「ッチィーン。南無〜」
        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
        覚え書き
        Fタイヤ  10/3/20 4460.8km〜10/9/4 6235.2km (1774.4km使用)
                     10/9/4 6235.2kmからNEWタイヤ使用。



        ポケロケのアウターワイヤー取り回し

        0
           リンクをさせて頂いてる「451のミニベロ」のMakoさんの奥様のポケロケの画像を拝見してまして気づいた事がありました。
          「ん?ここワイヤー通すと畳んだ時に曲がりキツくないかな?」
          て、ことでwheelさん流のポケロケワイヤー処理術を書いてみます。
          ポケロケオーナーで無い方はチト解りにくい話になりますが、こんな感じで下の方に回しています。
          これは、イトーサイクルさんで納車された時からそうです。
          ちなみにイトーさんではFディレイラーのワイヤーもBB下に回してました。
          フレームに付いてる曲がったマカロニみたいなワイヤー通す部分は使ってませんでした。
          (これはマカロニの角度がイマイチ良くないからとの事でしたが、通してみると大丈夫そうなので変えました)
          んで、どこがwheelさん流かというと、ココです。
          HIRAMEの変速バナナです。
          イトーさん納車時ではこれがなくアウターを下回しにする事でS字にきつくなってました。
          バナナのおかげでアウターは無理な力がかからず自然な流れで収まっております。
          HIRAMEのバナナには変速とブレーキの2種類のバナナがあるのですが(赤い色がブレーキバナナです)
          ブレーキのほうは曲げ角度が90度に近く、変速は曲がりが緩くこれくらいちょうど良いです。
          ただポン付けという訳にはいかないです。
          ブレーキ側のアジャスターにアウター受けが付いてるのですが(私のブレーキはBR-6600)
          これを外さないとバナナの頭の径がきつくて入りません。外すとピッタリサイズでガタなく収まります。
          受けを外す方法ですが、ワッシャが外に向けてテンションがかかってるので細いピンみたいな物で隙間をクイっと(笑)わかりにくいですね、、、すいません。
          畳んだ状態です。
          この時もバナナが回転してワイヤーが無理に曲がる感じはありません。

          てな感じです。
          ま、私は畳む機会などはそう頻繁にないのですが、ワイヤーの取り回しは結構考えたのでこれが今の所ベストちゃうかな?と思ってます。
          ポケロケオーナーの方の参考に少しでもなれば幸いです。


          リアディレイラー整備

          0
            雨が降る日はメンテの日、て事で先日グランボアさんで貴重と言って頂いたのでリアディレイラーを整備してやります(そう、私は非常に流されやすい(笑))

             
            小傷だらけです。
            初期DEOREはランドナーパーツだったらしいです。

            丸でかこった部分のパーツは裏側にネジで固定してありまして、ネジを外す事でこのパーツがずらせるのでチェーンを切らなくてもディレイラーを外す事が出来ました。
            ん〜良く出来てます。

            さくっとバラして汚れを拭いて新しいグリスを塗って組むだけです。
            結構よごれてるのとグリスっ気がありませんでした。

            Pスプリングを固定する穴が2カ所あいてました。
            最初は②の位置だったのですが①の位置のがバネのテンションが効くのでそちらにします。
            組上げるときはバネはテンションをかけながら固定したりしないといけないので結構大変でした。

            なということでしょう(笑)
            どちらもフロントアウターからインナーに落とした状態で撮影しました。
            良くなりましたね〜♪




            フェンダーライト整備!?

            0
               
              整備というほどの事ではございませんが、、コーナンで小パネル球(6.3V0.15A)てヤツを買ってきて付け替え。ヒジョーにシンプルな造りです。

              点きました(嬉)
              てか、この明るさの違い、、、もっと早くこげばもう少し明るいでしょうけど、、、。


              泥よけ整備

              0

                ペガサスのフロント側泥よけです。
                ポコッと凹みがあり、わたしもヘコんでました。。。
                写真では判りにくいですがアルミ錆が点々とありあまりキレイではありません。
                これを直したいと思います。


                泥よけを外してみるとフェンダーライトの配線がボンドで固定してます。
                お世辞にも良い仕事とはいえませんね、、、うーん。。


                とりあえずスポンジヤスリでゴシゴシと番手を荒いのから順に細かくして仕上げて行きます。
                これは結構しんどい作業です。


                凹みは裏から叩いておきます、素人板金にしてはまぁまぁ上出来です(笑)


                ヤスリがけが終わるとコンパウンドで仕上げて行きます。
                三種類これも荒い、細い、極細の順に、、、していけばピッカピカなのですが、
                私は潔癖性のクセに自分に甘いので荒いだけで終了です(笑)


                右側がコンパウンドで磨いた部位です。十分でしょ(笑)


                配線部分ですがフェンダー横に穴を開けてそこに通す事にしました。


                こんな感じです。


                ウム、良い仕事だ。


                ステー固定金具用に革ワッシャーを造って。


                こんな感じでしょうか。これ、やりたかったんですよ(嬉)


                仕上がりです、パッと見は凹みは判らない様になりました。
                ピカピカの泥よけまで仕上げられませんでした(根気がありませんでした。。)が
                上出来でしょう。んー愛情たっぷり(笑)

                フェンダーライトはまだ点灯しません、、、ハブダイナモが生きてるのはこの前イトーサイクルさんで確認してもらいました。
                球切れか別の所で断線ですね、まだまだ宿題があります。


                カンチブレーキ調整

                0
                  先日交換したカンチブレーキですが実用問題なく効くのですが、もう一声欲しい所でした。
                  リンクささせていただいてる451のミニベロのMakoさんにアーチワイヤーを浅くしてみれば?とアドバイスをいただきました。


                  調整前です。
                  上に延びてるブレーキワイヤーでアーチワイヤーを引き上げてブレーキが閉じる構造です。
                  力学的な事はサッパリ解りませんが確かにブレーキの支点に対して千鳥の位置が上過ぎると力が逃げそうです。
                  千鳥の位置を下げえるにはワイヤーを交換するかアウターを短くしなくてはいけません。ワイヤーは交換したばかりなので勿体ないし5mmくらいの事なのでアウターを短くします。


                  ウィーンとルーターで切ります。


                  ルーターで切るとアウター断面が平でキレイにできます。
                  アウターの断面が平だとブレーキをかけた際のアウター伸縮のロスは少なくて済むと思うのでブレーキの効き(タッチ)は良くなる!(と思います(笑))


                  下がりました。
                  フロント側も高い感じだったので低くしておきました。
                  クルっと一周走ってみましたがブレーキの効きよりもタッチが(グニュって感じがクッって感じに)良くなりました。

                  パンク修理その後の後

                  0
                     コメント欄で書きましたが、パンク修理が結果上手くいってませんでした。。。
                    先日帰宅途中にパンクし予備タイヤ(3/20修理分)に交換しましたが、2日と使わずスローパンク、今回修理分も使用圧(7〜9bar)を充填して様子を見てたのですがケーシングの傷が大きかったのかトレッドが一部膨れてきてアウト。。。
                    Makoさんがらコメント頂いたのですが糊付きパッチは信用に足りないのか、私のスキルが足りないのか、、、
                    結局、新品のタイヤに交換しました。次回パンク時はゴムのり厚パッチで対処してみます。
                    あーぁ、タイヤ買増しとこかな。。。

                    覚え書き
                    リアタイヤ新品使用(5.549km~)

                    パンク修理その後

                    0
                      一晩重みをかけて今朝見てみました。
                      いけそうな感じです。エア漏れも大丈夫でした。
                      念のため高圧にエアーを入れたままもう一日様子を見たいと思います。

                      覚え書き
                      リアタイヤにて1.059km使用。携帯用スペアタイヤにする。
                       

                      << | 2/3PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM